失業手当の手続き

失業手当の手続き



失業手当をもらえる受給条件

ポイント1、過去2年間で働いた期間(雇用保険に加入していた期間)が
      12ヶ月以上あること
      ※主に会社都合による退職の場合は過去1年間で6ヶ月以上あること

ポイント2、就職したいという意思があり、いつでも就職できる状態であること

失業手当をもらうのに必要な書類

・離職票-1・離職票-2 ※会社から受け取ります
・雇用保険被保険者証 ※会社から受け取ります
・本人確認書類 ※運転免許証、写真付きの住民基本台帳カード(役所で作成)
   ならどちらか1点でOK。住民票、パスポート、健康保険証なら2点
・本人名義の預金通帳
・印鑑
・写真2枚 ※建て3cm横2.5cm。3ヶ月以内に撮影した上半身・正面のもの。

失業手当の手続きの流れ

1、管轄のハローワークで必要者類を提出し給食の申し込みをします
   手続きすると「受給資格者のしおり」が渡され、次の
   「雇用保険説明会」の日時が知らされます。

2、1で言われた日時に「雇用保険説明会」に参加し「雇用保険受給者資格証書」
   「失業認定申告書」を受け取ります。
   その際に第1回の失業認定日が知らされます。

3、2で言われた日時にハローワークで「失業認定申告書」を提出すると
  失業保険を受給できます
  ※以降、4週間に一回指定された日時にハローワークで「失業認定申告書」を
   提出することで失業保険を受給できます

失業手当は雇用保険、失業保険は呼び方の違いです(失業手当は雇用保険と失業保険と同じ)

この記事へのコメント

スポンサードリンク